札幌の暮らしは公園を活用すると四季を楽しむことができます

南区に住宅を構えると真駒内公園があります

札幌の魅力の一つに公園が多いことを上げる人がおります。街路樹と2000ヶ所ある公園は、自然の色が背景に広がるので落ち着くのでしょう。南区に住む人たちにとって「真駒内公園」は、毎日出かける日課のようなものです。札幌オリンピックの時に作られたもので、広大な自然をそのまま活かしているので多くの市民が近隣から集まってきます。公園内を歩く約1~4キロのジョギングコースは、子どもからお年寄りまで爽快な汗を求めて黙々と歩いています。

清田区に住まいを構えると平岡公園があります

清田区にある平岡公園は、梅林があることで知られています。ナラ・コナラを主とした自然林で、林の中には炭窯跡があります。住宅街の中にある公園とは思えないほど、豊かな自然が残されているのです。毎年雪が融けて春には梅林が山いっぱいに咲き誇り、多くの市民が押し寄せてきます。札幌市の公園で、春から秋は毎日解放されているので、ジョギングやハイキングにお弁当を持って待ち合わせる人たちもおります。駐車場も広いのでマイカーで来ても大丈夫です。

白石区には川下公園があります

白石区には川下公園があります。区の初めての総合公園として作られました。毎年5月末には世界から取り寄せられた約200種のライラックが咲き誇り、気品のある香りが公園いっぱいに広がります。また、公園を出発して防風林を活かした北郷緑道、ゆっくりと流れる月寒川の堤防など、季節を楽しみながら歩けるコースを白石区が提案しています。公園内には、レストラン、売店、健康歩道などが揃っており、全天候型施設になっていますし、周りには各種運動施設もあります。

札幌の賃貸では、大型商業施設の周辺にも多数の物件が存在しているため、食料品や日用品、ファッションアイテムなど、様々な商品をスムーズに購入できます。