太陽の力を活かした注文住宅!太陽光発電で省エネを目指そう

太陽光発電に適した屋根を作ってもらえる

住宅の部屋の広さに合わせて、屋根の大きさを決めるという家庭が多いのですが、太陽光発電パネルを設置する場合は少し考え方を変えてみましょう。屋根が広ければ広いほどに、太陽光発電パネルを設置できる枚数が増えるために、発電効率を上げるために注文住宅の屋根を広く作る人々も増えています。予定よりも屋根を広くする事によって、想像以上に発電効率を上げる事ができて、毎月の消費電力も気にならずに済むことでしょう。どれぐらいまで屋根を広く作っても大丈夫なのか、注文住宅のメーカーと話し合う事によって、日当たりが悪くなるといった問題も防げます。

省エネ効果を上げるために窓にこだわる

住宅の内部に外気の影響が入り込みやすい状態では、いくら太陽光発電パネルを増やしても、エアコンの電気代がとても大きくなってしまう場合もあります。外気の影響を受けない住宅作りも意識して、二重サッシが取り付けられている注文住宅を作ってみましょう。二重サッシというのは窓を重ねるように取り付ける事によって、間に真空の空間を作り出して外気の影響を受けにくくする窓の事です。結露対策にもなって省エネ効果も得られるという点で、近年の注文住宅に取り付けられる事が増えています。

壁の塗装に注意をする事で省エネ効果もアップ

注文住宅メーカーに壁の塗装をお願いする際には、ただ自分好みの色をした塗料を使うだけでなく、その塗料の性能についても調べるようにしましょう。近年では断熱性能に優れた塗料も増えてきており、その塗料を壁の塗装に使ってもらうだけで、住宅の断熱性能が大幅に上がっている事が実感できますよ。後から断熱性能のある塗料で、壁を塗り直すのは余計なコストが必要になってしまいます。最初から機能性に優れた塗料を使ってほしいと、注文住宅メーカーにお願いをしておきましょう。

注文住宅とは、家の構造やデザイン、設備などすべて決めて更地に建てる家です。あらかじめ建てられた家を買う分譲住宅と異なり自由度が高く、予算も調整できます。