失敗しない賃貸物件選び!?注意ポイント3選!

家賃以外に毎月の固定経費を確認しておく

賃貸物件探しを始めるときに、もちろん多くの方は賃料から注目して探し始めるのではないでしょうか。同程度の条件の物件であればなお更毎月の賃料が安いほうがお得感があります。ただここで注意が必要ですが、家賃は毎月の固定経費ですが、他の固定経費がある事も忘れてはいけません。それは光熱費や駐車場代等です。賃貸物件は、賃料を下げれば募集をしやすいので、敢えて賃料を下げてその代わりに他の毎月の固定経費を上げてある物件があります。ですから、賃貸選びには賃料と他の毎月の固定経費を足した総額で物件選びをする事が大切です。

周辺環境は実際に自分自身の目で確認しておこう

最近ではインターネット上で画像で町並みを見ることも出来ますが、やはりその街の実際の状況まではインターネットで見ることができません。ですから物件の内覧のほかにも、その周辺の散策も出来ればベターでしょう。駅やコンビニやスーパーまで実際には徒歩どれくらいの距離なのか、これは自分で歩いてみるとすぐに分かります。また近くに鉄道や新幹線や高速道路があれば、その騒音の程度も自分の耳で確認しましょう。しっかりと確認しておかないと住み始めてから後悔しますので、これは重要なポイントです。

住み始めてから最も重要な管理会社にも注目

多くの賃貸物件は、その物件の管理を家主から委託されている管理会社があります。所謂駅前にあるような不動産屋がこの管理会社である事が多いのですが、可能であればこの管理会社の評判も調べておきましょう。住み始めてから物件の事についても、なかなか動いてくれない管理会社も多数存在します。また、物件を明け渡す際も契約条項を無視して、とんでもない条件を提示してくる管理会社も存在しますので、評判の良い管理会社が管理をする物件が好ましいでしょう。

登別の賃貸は、国内で有名な観光地の周辺に展開されていることもあり、大きな賑わいが見受けられています。