失敗しない賃貸物件選び!?注意ポイント3選!

家賃以外に毎月の固定経費を確認しておく

賃貸物件探しを始めるときに、もちろん多くの方は賃料から注目して探し始めるのではないでしょうか。同程度の条件の物件であればなお更毎月の賃料が安いほうがお得感があります。ただここで注意が必要ですが、家賃は毎月の固定経費ですが、他の固定経費がある事も忘れてはいけません。それは光熱費や駐車場代等です。賃貸物件は、賃料を下げれば募集をしやすいので、敢えて賃料を下げてその代わりに他の毎月の固定経費を上げてある物件があります。ですから、賃貸選びには賃料と他の毎月の固定経費を足した総額で物件選びをする事が大切です。

周辺環境は実際に自分自身の目で確認しておこう

最近ではインターネット上で画像で町並みを見ることも出来ますが、やはりその街の実際の状況まではインターネットで見ることができません。ですから物件の内覧のほかにも、その周辺の散策も出来ればベターでしょう。駅やコンビニやスーパーまで実際には徒歩どれくらいの距離なのか、これは自分で歩いてみるとすぐに分かります。また近くに鉄道や新幹線や高速道路があれば、その騒音の程度も自分の耳で確認しましょう。しっかりと確認しておかないと住み始めてから後悔しますので、これは重要なポイントです。

住み始めてから最も重要な管理会社にも注目

多くの賃貸物件は、その物件の管理を家主から委託されている管理会社があります。所謂駅前にあるような不動産屋がこの管理会社である事が多いのですが、可能であればこの管理会社の評判も調べておきましょう。住み始めてから物件の事についても、なかなか動いてくれない管理会社も多数存在します。また、物件を明け渡す際も契約条項を無視して、とんでもない条件を提示してくる管理会社も存在しますので、評判の良い管理会社が管理をする物件が好ましいでしょう。

登別の賃貸は、国内で有名な観光地の周辺に展開されていることもあり、大きな賑わいが見受けられています。

東川口ってどこんなところ?マンションを探す方法を伝授しましょう

東川口駅は武蔵野線の停車駅

東川口駅は武蔵野線や埼玉高速鉄道の停車駅の一つです。埼玉高速鉄道などの場合、都心へのアクセスが良い事からも、東川口周辺にマイホームを考える人も多くなっており、従来田畑として利用していた場所にマンションが建設されるなど、駅周辺は賑わいを持つエリアになっています。埼玉高速鉄道が開通した事で、都心への通勤時間の短縮化し、結果的に都市化が進んでベットタウンとなると言った都市化型のメカニズムを持つエリアになっているのです。

東川口エリアでマンションを探す方法

不動産会社のホームページの中にはマンションなどの物件検索が出来るようになっていますよね。路線から探す場合には武蔵野線や埼玉高速鉄道と言った路線を選ぶと駅名が表示されるので、利用駅を選択すれば東川口駅を利用可能なマンションを検索出来ますよ。更に価格帯や間取りなどの条件を付ければ、予算に合うマンション、ニーズに合うマンションを探せます。尚、不動産貸家のホームページで物件を見つけた時には早目に問い合わせをするのがお勧めです。

ペットや楽器演奏が出来る物件探しのコツ

東川口エリアのマンションの中で、ペットと一緒に生活が出来る物件やピアノやバイオリンなどの楽器の練習が出来る物件を見つけたいと言う人も多いですよね。最近はペットを家族の一員と考える人が多くなっているため、ペット飼育が出来るマンションも増えています。不動産会社のホームページを利用する場合、ペット相談や楽器演奏と言うキーワードを使って物件を絞り込みが出来るようになっているので、こうした機能を上手に活用すれば便利ですよ。

東川口のマンションの人気の理由として、首都圏への通勤がとても快適であることや、立地が良いことがあります。

太陽の力を活かした注文住宅!太陽光発電で省エネを目指そう

太陽光発電に適した屋根を作ってもらえる

住宅の部屋の広さに合わせて、屋根の大きさを決めるという家庭が多いのですが、太陽光発電パネルを設置する場合は少し考え方を変えてみましょう。屋根が広ければ広いほどに、太陽光発電パネルを設置できる枚数が増えるために、発電効率を上げるために注文住宅の屋根を広く作る人々も増えています。予定よりも屋根を広くする事によって、想像以上に発電効率を上げる事ができて、毎月の消費電力も気にならずに済むことでしょう。どれぐらいまで屋根を広く作っても大丈夫なのか、注文住宅のメーカーと話し合う事によって、日当たりが悪くなるといった問題も防げます。

省エネ効果を上げるために窓にこだわる

住宅の内部に外気の影響が入り込みやすい状態では、いくら太陽光発電パネルを増やしても、エアコンの電気代がとても大きくなってしまう場合もあります。外気の影響を受けない住宅作りも意識して、二重サッシが取り付けられている注文住宅を作ってみましょう。二重サッシというのは窓を重ねるように取り付ける事によって、間に真空の空間を作り出して外気の影響を受けにくくする窓の事です。結露対策にもなって省エネ効果も得られるという点で、近年の注文住宅に取り付けられる事が増えています。

壁の塗装に注意をする事で省エネ効果もアップ

注文住宅メーカーに壁の塗装をお願いする際には、ただ自分好みの色をした塗料を使うだけでなく、その塗料の性能についても調べるようにしましょう。近年では断熱性能に優れた塗料も増えてきており、その塗料を壁の塗装に使ってもらうだけで、住宅の断熱性能が大幅に上がっている事が実感できますよ。後から断熱性能のある塗料で、壁を塗り直すのは余計なコストが必要になってしまいます。最初から機能性に優れた塗料を使ってほしいと、注文住宅メーカーにお願いをしておきましょう。

注文住宅とは、家の構造やデザイン、設備などすべて決めて更地に建てる家です。あらかじめ建てられた家を買う分譲住宅と異なり自由度が高く、予算も調整できます。