こういうところを条件に…賃貸探しにはポイントがある!

やっぱりここがポイント!

何と言っても、自動車の使用が現代社会の基本的なスタイルとなっていますよね。現代においては、自動車を利用しないというような人はむしろ少ないと言えます。多くの人が車を所有している時代では、賃貸探しをするにしても駐車場付きの物件が外せません。勤務先の会社でも、マイカー出勤が当たり前になっているところは多いはずです。賃貸探しの条件としては、人それぞれに様々なイメージを求めているでしょうが、駐車場付きの物件を求める人はやっぱり多いんですよ。

同じく駐輪場付きの物件も…

自動車に次ぐ乗り物としては、自動二輪車や原動機付自転車などを挙げることができます。自動車は雨の日でも夏の暑い日でも快適に運転することができますが、何せ小回りが利かないところに関しては不便ですよね。そこへいくと自動二輪や原チャリは非常に小回りが利く乗り物だと言えるでしょう。オートバイほど速くありませんが、自転車も人の足となることが多いはずです。吹きさらしで置くより、屋根やブロックで作られたしっかりした駐輪場が付いている物件だと非常に助かります。

窓を開けてリフレッシュ!

温かい風、冷たい風、いろいろな風がありますが、吹き抜ける風…これほど気持ちいいものはありません。窓が四方についている物件は、風通しの良い構造です。換気扇すらない窓なしの部屋もありますから、下見時には窓の数やついている方角も気にしなくてはいけません。どんなに新築で綺麗な賃貸物件でも、風通しが悪い物件は嫌ですよね。駅やショッピングセンターに近いというだけでは、住み心地の良い物件とは言いきれないんです。

札幌は区によって様々な顔を持っていますが、どの区も住宅地や商業施設が充実しているので、札幌の賃貸マンションは生活しやすくなっています

札幌の暮らしは公園を活用すると四季を楽しむことができます

南区に住宅を構えると真駒内公園があります

札幌の魅力の一つに公園が多いことを上げる人がおります。街路樹と2000ヶ所ある公園は、自然の色が背景に広がるので落ち着くのでしょう。南区に住む人たちにとって「真駒内公園」は、毎日出かける日課のようなものです。札幌オリンピックの時に作られたもので、広大な自然をそのまま活かしているので多くの市民が近隣から集まってきます。公園内を歩く約1~4キロのジョギングコースは、子どもからお年寄りまで爽快な汗を求めて黙々と歩いています。

清田区に住まいを構えると平岡公園があります

清田区にある平岡公園は、梅林があることで知られています。ナラ・コナラを主とした自然林で、林の中には炭窯跡があります。住宅街の中にある公園とは思えないほど、豊かな自然が残されているのです。毎年雪が融けて春には梅林が山いっぱいに咲き誇り、多くの市民が押し寄せてきます。札幌市の公園で、春から秋は毎日解放されているので、ジョギングやハイキングにお弁当を持って待ち合わせる人たちもおります。駐車場も広いのでマイカーで来ても大丈夫です。

白石区には川下公園があります

白石区には川下公園があります。区の初めての総合公園として作られました。毎年5月末には世界から取り寄せられた約200種のライラックが咲き誇り、気品のある香りが公園いっぱいに広がります。また、公園を出発して防風林を活かした北郷緑道、ゆっくりと流れる月寒川の堤防など、季節を楽しみながら歩けるコースを白石区が提案しています。公園内には、レストラン、売店、健康歩道などが揃っており、全天候型施設になっていますし、周りには各種運動施設もあります。

札幌の賃貸では、大型商業施設の周辺にも多数の物件が存在しているため、食料品や日用品、ファッションアイテムなど、様々な商品をスムーズに購入できます。

避暑に最適!八ヶ岳エリアの別荘の良さとは

首都圏から気軽にアクセス可能なロケーション

避暑地の別荘と聞くと、何だか飛行機や新幹線で何時間も掛けなければアクセス出来ない様な僻地のロケーションというイメージを持たれがちですが、八ヶ岳エリアに関して言えばそれが間違いである事が分かります。首都圏からでも中央自動車道を利用すれば僅か2時間程度でアクセス可能。その他にも中央本線を利用しのんびりとアクセスする手段がある等、複数の手段を使えるのが魅力的ですよね。アクセス手段が共用出来るという事はトラブルにも強いという事。大雪等の天候トラブルでも代替のアクセス手段が採れますから、安心感が違います。

想像以上に夏が涼しい典型的な避暑地

名前ばかりの高原と違い、八ヶ岳エリアは典型的な避暑地の清々しさを実感出来るでしょう。中部日本のほぼど真ん中に位置する八ヶ岳は海岸に近いエリアに特徴的な夏場の蒸し暑さも全く無く、清々しい朝を迎えられます。また内陸部の割には冬の降雪量も比較的少なく、冬場の滞在に関しても大きなハンデとならないのが嬉しいところです。特に八ヶ岳南麓は年間を通して日照量も豊富となっており、1年中快適な別荘生活を営める事でしょう。

意外にも生活利便性に優れるエリア

古くから別荘地として開発が進んできた八ヶ岳山麓エリアには別荘地の他にも様々な店舗やレジャー施設が充実しており、日々の生活からレジャーに至るまで意外と便利となっているのも特徴的。特に八ヶ岳高原線の沿線にはスーパー等の店舗や郵便局を始めとしたサービス機関も比較的充実しており、車やバイクさえあれば毎日の生活にも不自由する事は無いでしょう。初めての別荘購入やレンタルで経験の無さから強い不安を感じるケースもあるでしょうが、その点八ヶ岳エリアは初心者向きとも言え、安心なのです。

別荘を選ぶポイントとして、空気が良くて静かな高原が良いと考えているならば、八ヶ岳の別荘を選ぶと良いでしょう。